カテゴリー
case case-btoc

インハウスでの広告運用を高度化し、マーケティング目標の達成に貢献

カイコク導入の背景は?

当社はファッション・アパレル業界向けの新聞「繊研新聞」を発行しています。

3年前、新たに「電子版」を開始した際、認知度UPを目的としてSNS広告を独学で開始しました。

結果として一定の成果が出たため、プロの力を借りてより伸ばしていこうと考え、広告代理店に依頼しましたが、費用対効果を感じられるほどの成果を上げられずにいました。

また代理店への委託ですと社内にノウハウが溜まらず、振り出しに戻ったような形でした。

そこで専門的なノウハウを社内に貯めながら、成果も上げられる手法を探していました。

カイコクに依頼した業務内容は?

社内のマーケティングを担当するメンバーと一緒に、

・現状の課題整理
・改善施策の洗い出し
・新規広告チャネルの拡大
・施策実行フェーズでのOJT的なサポート

を行って頂いております。

マッチングしたユーザーの経歴は?

1社目:WEB専業広告代理店 約6年
運用コンサルタント・営業に従事。

SEM全般の戦略立案から分析まで一気通貫でのマーケティング支援を経験。
SEMに限らず、アフィリエイトやGoogle Analytics/Google Tag Managerを用いた、設定・分析を含むWEBマーケティングの実行が可能。
WEB広告主を担当とするチームマネジメント経験あり。

成果

直近、予算の大きい大規模なキャンペーンがありましたが、無事目標を達成することができました。

知見のある第三者視点の意見も含めて施策の優先順位を決められることや、施策を行うにあたって設定などでつまづいた時にすぐに相談できたため、施策の質とスピードが上がりました。

インハウスでマーケティングを行う場合、限られたリソースの中で広告運用に取り組む必要があるので、適切にリソースを投下できるようになったと感じています。

また定期的にキャンペーンを実施したいと考えており、今後はキャンペーン設計から一緒に入ってもらいたいと思っています。

別軸でキャンペーン期間外でも成果を上げられる体制づくりにも伴走頂く予定です。

企業・サービス情報

株式会社繊研新聞社
https://senken.co.jp/p/corporate

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です