カテゴリー
case case-terakoya

組織立ち上げ後、月間提案数が2倍に!デジタル組織立ち上げメンバーのナレッジ向上に貢献

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社プラド
https://www.prad.co.jp/
事業内容:
 各種媒体取扱い
 インターネットを活用したコミュニケーション・アプリケーションの企画・開発
 各種専門誌・業界誌等の広告・パブリシティ・企画・制作
 SPの企画、各種ツールの制作および管理
 展示会・イベント・キャラバンなどの企画・運営・管理・分析
 社内スタッフ・設備での撮影・編集・MAによる各種ビジュアルソフト企画・制作
 周年事業やPR・CI・VI、リクルート対策の企画・運営・管理
 マーケティングリサーチ・情報サービス・顧客管理・調査分析

ポイント

  • 目的
    – デジタルマーケティング支援組織の立ち上げ
  • 課題
    – 顧客からデジタル領域での相談が増えていたものの、専門組織がなく対応できていない状況
    – 組織の立ち上げを行いたかったものの、社内に知見がなく、どういう組織を作ればいいのか決められずにいたこと
  • 効果
    – 組織立ち上げの実施
    – デジタルマーケティング領域における顧客への月間提案数が2倍以上に

導入の背景

弊社は岐阜に本社、東京、名古屋、大阪、福岡に支社と営業所があり、通販事業、映像制作事業、広告代理事業の主に3事業を展開しています。

デジタル化が進んでいく中で各社共にデジタルソリューション提供を常に考えている状況だと思います。例えばテレビショッピングの案件をいただいた際に、撮影、インタビュー、映像制作あるいは商品そのものを1から提案もするのですが、以前は視聴者がその映像を見てすぐにコールセンターに電話して商品が届くという流れだったのが、今では最終的にWebで検索したりSNSの評判を参考にして購入を決めるというケースが非常に増えてきている状況になっています。

その場合、当然そこも支援していくべき領域ではあるものの、弊社にはデジタル専門の部署がなかったので、そういった支援を行っている会社にお任せしてしている状況で、このままでは取り残されてしまうという危機感を抱いていました。
ただ、いざ部署を作るとなると、デジタルマーケティングの知見がないことによってどういう組織を作ればいいのか決められず、同じような企業も多いのではないかなと思うのですが、中々行動に移せないでいました。

そういった背景から組織立ち上げも見据えてデジタルマーケティングについて学習する機会を探している中で、弊社メンバーが参加したセミナーで「カイコクテラコヤ」を知り、紹介を受けたというのがきっかけです。

導入の決め手

これまで散々考えてきたのですが、自分たちで「やる」という選択肢はありませんでした。
一例として勉強のためにセミナーに色々参加もしたのですが、当然自社媒体や自社製品の紹介の前置きとしてデジタルマーケティングについてお話されることが多いので、自分たちの状況には落とし込みづらいという印象でした。

ではどこがいいのかに関しては色々な会社さんがそういうサービスを提供してるというのはある程度知識としてありましたが、信頼できる人がすすめていること、ネームバリュー、実績として特に弊社のような中小企業向けで「初めての〇〇」などがあるのかなど、そういった観点で選定していきました。

最終の選定軸としてはある程度当社側の状況だとか、方向性みたいなのを理解していただいて、プログラムを組んでいただけたりだとか、どちらかというと聞くというよりコミュニケーションを取りながら話をまとめて、方向性をずらしてくれるかという観点で「カイコクテラコヤ」を選びました。結局それがよかったのかなと思います。

導入後の所感

弊社では以下のコースを受講しました。

・デジタル組織構築コース

講師の方は非常に人当たりの良い方で、まずこちらの意見を十分聞いて下さり、適切なご回答を頂けたという印象です。今後別の仕事があったらお願いしたいなと思うほどでした。

強いて言えば今回弊社側の目的が「組織立ち上げ」という特殊なケースだったこともあると思うのですが、より講義内容のカスタマイズ性が高いとなお良かったかなと感じております。
ただ費用を加味すると十分満足のいく内容でした。

導入による効果

専門部署を立ち上げることができたのが一番の成果です。
結果としてこれまでそれぞれの営業担当が情報を集めて、あまり知識がない中で理解していくという無駄な時間というか、難しいことを考える時間がかかっていたのですが、情報や知見を集約できる窓口ができたことによってコミュニケーションコストが確実に下がってきています。

例えばある広告媒体へある営業が問い合わせをして、次の日に違う営業が問い合わせ、また次の日に別の営業が・・・ということが実際にありました。
そういったことが無くなり、媒体側から部門を通して一気に営業メンバーに対して説明会を開きたいといったようなことが初めて実現しました。
勉強会ではなくとも資料展開など、定量化ではないのですが、組織としてまとまった感じはあります。

また上記によって営業のリソースが空いたことで顧客への提案数が増加しています。
まだ1ヶ月経ってないですが、これまでの提案数の倍以上に増えています。
分業がしっかりできるようになり、それぞれの役割に集中できるようになったことで、定量と定性それぞれで成果として表れています。

今後の展望

デジタルでの売り上げを1年で少なくとも3倍まで伸ばしたいと考えています。来月から部署の人数も4人に増え、さらにできることが増やしていけると思っています。

社内の部署と営業だけではなく、例えば映像制作、テレビなどの部署や、あるいは映像制作技術部門との連携にも取り組んでいきたいと考えています。
実際既に一部着手を始めているのですが、そういった会社全体でデジタルを含めたトータルの提案ができるようにしていきたいと思っています。
まだ理想の実現まで遠いのですが、まず部署としては広告の領域に引き続き力を入れつつ、動画やSNSマーケティングを強くするための動きも取っていきたいと考えています。

おすすめしたい企業

デジタルへのチャレンジはやらないといけないというのは皆さんわかっていつつも、弊社ほどの規模でも中々進められなかったように、社内調整が大変だったり、この方向で本当にいいのだろうか、を何名かで抱え込んでしまって、推進力が落ちてしまい、結果動かせていない、、、などで悩んでる方は一定数いらっしゃると思っています。

カイコクテラコヤではコンサルタントの方がその辺りもヒアリングでクリアにしながら進めていただけたのはとても良かったですし、同じように悩んでいらっしゃる方にはおすすめしたいです。

カテゴリー
case case-terakoya

手探りだったCRMマーケティングに体系的なナレッジを組み込み、更なる成長を目指す!インタラクティブな学習機会を得ることによって生まれた部門間連携

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社トゥエンティーフォーセブン
https://247group.co.jp/
事業内容:
 店舗サービス(パーソナルトレーニングジムの運営)
 WEBサービスメディア
 AI 事業

ポイント

  • 目的
    – CRMチームにおいて、より様々な事象を点と点ではなく線でお客様を捉えていきたい
  • 課題
    – 「自分たちが考えていることがどこまで最適な回答なのか」という部分は手探りになっていた
    – 一般論で考えたときにどう物事を整理し、考え、最適な答えを導き出しているのか、のナレッジをチームに蓄積したい
  • 効果
    – 会社のメンバーが増えていく中で、別部署との接点が減っていた中で今回の取り組みを通じて相互理解の重要性を感じられたこと

導入の背景

弊社はワークアウト・パーソナルトレーニング事業、英語事業、低糖質食品事業と複数の事業を手がけています。
私はマーケティング本部のCRM部に所属しておりまして、主に会社の業績、顧客データから課題点を見つけ、それを企画に昇華することを行っています。

今回、ワークアウト・パーソナルトレーニング事業に関連するメンバーで受講させて頂いたのですが、自分の担当領域で深堀をしていく一方で、より様々な事象を点と点ではなく線でお客様を捉えていかなければという課題感を持っていました。

「自分たちが考えていることがどこまで最適な回答なのか」という部分は手探りになっていたので、一般論で考えたときにどう物事を整理し、考え、最適な答えを導き出しているのか、のナレッジをチームに蓄積したいと考えていました。

導入の決め手

・CRMの概念を整理した資料になっていたこと
・講師の方がリアルタイムにお話いただいて、我々も質問ができるというインタラクティブな形態だったこと
・さらにそこに具体的な事例があり、ケーススタディとして課題提出など実践があること

この3点がワンパッケージになっていることが特徴的だと感じる点でもあり、今回カイコクテラコヤを選んだポイントになりました。

導入後の所感

弊社では以下のコースを受講しました。

・CRMコース

講義の中でこれまで知らなかった分析方法や考え方などがあり、とても参考になりました。加えて本や検索などではどうしてもそこから生まれた疑問を解消しづらいという部分があったので、出てきた疑問をその場で確認ができるというコミュニケーションが一番ありがたい部分でした。

個人的には「実際にこれってどうなんだろう」といったところを主にやりとりしたいなと思っていた中で、分析の概念を教えていただき、これはどういう時に使用するのか、施策として展開していくのか、講師の方のビジネスは実際どのように運用していたのかなど、より具体的な質問をたくさんさせていただいたのが良かったです。

講義のスパンとしては週1回ですが、結果的にこのスパンでよかったと思っています。
単純にインプットだけの研修スタイルあればタイトな方がいいとは思うのですが、今回課題提出もあるスタイルなので、課題のボリュームからすると大体週1くらいで入れていただいたのがちょうど良かったなと思います。
逆にそれ以上伸びると学習効果が下がってしまうと感じました。

導入による効果

これから実践に移す段階なので定量的な成果はこれからです。
講義を通じて学んだ一般的な考え方やノウハウを自社でどう実際に活用していくのかというところが今後一番取り組まなくてはいけない部分だと思っています。

一方で今回の取り組みを通じて部門間の相互理解が深まったと感じています。
冒頭でも申し上げたように、それぞれの部門で自分たちの領域をどんどん追求し深堀りしていく業務になっている中で、他部門がどういうやり方をしているのか、どういう目的で取り組んでいるのかという部分などについてコミュニケーションを取る場をなかなか持てないでいました

ディスカッションを通してそれぞれの課題や考えていることをシェアしていく中で、例えば「それはこの部門ならこう活かせるのではないか」といった点や、他部門への理解や実情などを知れるきっかけにはなったかなと思います。
少しずつ会社にいるメンバーも増えていて、なかなか隣の島とか隣の部にいる者がどういう仕事をしているのかが少しずつ分からなくなってきていたので、そういう意味では非常に有意義な場になったと感じています。
今後社内でもよりディスカッションを活発させる取り組みをにやっていきたいと思います。

カテゴリー
case case-terakoya

広告運用のインハウス化に成功→コスト2割減!講義期間中に足元の複数課題を即座に解決

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社スリーエーコンサルティング
https://www.3a-c.co.jp/
事業内容:
  ISO/Pマーク/ISMS認証取得・運用更新コンサルティング認証パートナー

ポイント

  • 目的
    – 広告運用のインハウスチームの土台作り
  • 課題
    – 元々広告代理店に依頼していたが費用対効果が見合っていなかった
    – インハウスに切り替えを図ったが、社内に知見が不足
  • 効果
    – 2割の広告運用に関するコスト最適化
    – CV数の2倍増加見込み

導入の背景

直近自社の広告運用をインハウス化に切り替えました。元々広告代理店に依頼していたのですが、費用に対する成果が見合っていない状況でした。

また理想的には広告の反響を商談や受注などのフェーズまで追うべきですが、そこまで広告代理店に見てもらうのはなかなか厳しいと感じていました。そういった背景とスピード感をもって自社で反響など管理し、PDCAを回してやっていきたいという社長の意向もあり、インハウスに切り替えを決定しました。

サポートいただいてる方はいるのですが、当然ほとんどゼロベースからのスタートでしたので、根本となる広告画面の見方や用語の知識などの土台がないという点が課題でした。

導入の決め手

Web広告運用に関して知見のある方から紹介を受けてカイコクテラコヤを知りました。自社でもインハウス化を進めていた中で、広告に関してノウハウが蓄積しきれていないハードルがあり、社内で一つずつメンバーの教育をするとしても、時間をかけてしまう可能性が高いと感じていました。

また、現状、弊社はほぼテレワークになっているので、オンライン講義形式だったことはポジティブでした。それぞれがテレワークする中でオンラインで講師の方に教えていただけますし、録画を他メンバーにも展開できるという点もあり、手軽に学べるのが決め手となりました。

導入後の所感

弊社では以下のコースを受講しました。

・Web広告運用ノウハウコース

全6回で1ヶ月半ぐらいだったのですが、終わってみたら早いものであっという間でした。 講師の方が臨機応変に対応してくださり、講義の中で弊社の管理画面ベースで広告運用ノウハウや弊社LPの改善点を教えていただいたりなど、基礎的な部分と、弊社に合った方法の両方をもって進めてくれたのはよくある座学形式より実務に活きやすいと感じました。

受講と同じタイミングでアカウントを広告代理店から引き継ぎを開始しており、講義がアカウント設計などの部分やキーワードの設定などから始まったので、タイミングとして良かったと思っています。

導入による効果

インハウス化により2割の広告運用に関するコスト最適化が叶いました。現在は効果検証中ではあるのですが、CV数を2倍に増やせる見込みです。

今回の講義を受けて、アカウントの見直しを実施したため、これまでよりも効果が見込めるアカウント構造が完成できたと考えております。

また、インハウスでの運用の方向性を決めることが出来ました。共通知識が出来たことによって、同じく受講したメンバー含めた社内メンバーとの連携が取りやすくなりました。

今後の展望

BtoBマーケティング領域をより強化したいと考えております。弊社がまだSNS広告領域に取りかかれていない部分もありますので、全体の戦略見直しを進める中で、ターゲットに合わせた広告運用ができるようになりたいです。

カテゴリー
case case-terakoya

ローカル局のDX推進に貢献!SNSを活用した「新しい収益の柱づくり」への挑戦における社内知見向上

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社鹿児島放送
http://www.kkb.co.jp/
事業内容:
・放送法による基幹放送事業及び一般放送事業
・メディア事業
・その他放送に関連する事業

ポイント

  • 目的
    – テレビCM枠の販売以外の収益源を増やすことを目的としたDXにおける取り組みのひとつである「SNS活用」における知見の向上
  • 課題
    – SNS活用の基礎から体系的に学べる環境がなく、DX推進が進んでいなかったこと
  • 効果
    – テレビ番組におけるSNS活用のターゲット設定、戦略立案~実行まで一通りのPDCAを理解し、自走できるようになった
    – セールスにおいてTV CM枠とセットでSNSマーケティングを販売(新しい収益の柱)する企画を起案できた

導入の背景

弊社では数年前に部署も新設し、DX(デジタル・トランスフォーメーション)への取り組みを開始しました。この取り組みはテレビCM枠の販売以外の収益源を増やすことをミッションとしており、私自身も番組の運営と兼務でその部署に所属していました。

実際に現場においても、セールス時にWebやSNSを絡めた提案を求められることが増えてきていました。また私が運営に携わる番組においてもSNS、特にInstagramと親和性があると感じていたため、番組開始当初からSNSアカウントを立ち上げて定期的に発信をしていたのですが、基礎知識も全くないまま始めたので、用語や運用方法、トレンドのキャッチアップ方法についてなど、手探りな状態でした。

そういった背景で外部の方との交流を通じて様々な知識を吸収する動きを取っていたのですが、情報が断片的だったり、補完のためにネット検索をすると逆に情報が溢れていて、全体像から掴めないことに課題感を感じていました。

導入後の所感

サイトリニューアルとデジタル広告の運用ディレクションがメインの業務でもあったので、以下のコースを受講しました。

・SNSコース

全6回の講座で、前半3回は基礎的な部分やトレンドについて学びました。後半の3回は実際にSNSを運用するにあたってどういった設計を考えるのが良いか、SNS広告を運用するにあたってどういった戦略をとっていくのが良いかなど、実践的な内容でした。

講師の方にも非常に柔らかく進めていただいて、質問させて頂いたことについて正直「ここまで言って大丈夫なの」と思うようなことまで忖度なく教えていただけました。例えばSNSマーケティングをするためのサービスや、インフルエンサー発注価格や業者さんなど噛み砕いて教えていただいてたのでとても勉強になりました。

受講風景

導入による効果

インプットだけではなく、自分たちでアウトプットを行う、さらにその内容が自社前提であることによって自分たちの知見がより高まったと感じています。私のような立場とは別でセールス部門のメンバーも受講していたのですが、SNS広告やインフルエンサーマーケティングを従来のTV CM枠の販売とは別に企画を考えているようです。まだまだ初動ではありますが、顧客やパートナーからも「最近変わりましたよね」というお声をいただいています。

また個人的には今回の受講での学びを活かし、私が担当している番組でSNS広告を配信にあたって、ターゲットペルソナや戦略を作って取り組んだ際、そのような動き自体はこれまでできていなかったので良かったのですが、成果については大きな変化を生むことはできませんでした。 一方で、上記配信の分析をしている中で、番組の最後に「Instagramやってるのでフォローしてください」というような一言を入れただけで番組直後に100人以上のフォロワーが増える、ということが起きました。またテレビ番組の告知をSNS広告で打っても、結果的にそこからどれだけテレビ視聴に繋がったかを可視化できないことも体感し、改めてテレビの影響力を実感したのとテレビ×SNSの奥深さに気づくことが出来ました。

今後の展望

今後Youtubeにもチャレンジしていきたいと考えています。やはりテレビとYouTubeは全く作りが違うので、どうしてもテレビ局が作るとYoutubeの視聴者には支持されないという事例が多いです。大手の放送局であれば専門の方を雇ったりもできると思うのですが、ローカル局ではなかなか難しいので、YouTuberの方からYouTubeの作り方や今トレンドになっているショートムービーの作り方を学ぶ、などといった取り組みができると面白いなと思っています。その手段として、カイコクテラコヤの活用を検討したいです。

これから確実に今回のようなSNSの取り組みをはじめとしたDXはテレビ局にとって必要になってくるので、自分が中心となってそういったことに取り組み、また自身が学んだことを後輩たちにも伝播していけるような立場になれたらいいなと思っています。

カテゴリー
case case-terakoya

学びながらデジタル施策を強化できる!デジマ人材とデジマ教育の同時活用

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

ムツビエージェント株式会社
https://mutsubi-a.jp/
事業内容:
 徳島県に特化した人材サービス全般
 ・正社員向けの人材紹介(厚生労働大臣許可番号36-ユ-300037)
 ・企業への新卒の採用コンサルティング業務、採用代行業務
 ・採用向けパンフレット、Webページ、就職ナビ等のツール作成

ポイント

  • 目的
    – Webディレクション力を身に付ける
  • 課題
    – 競合がWeb活用を強化している中で自社でも強化を図りたいと考えていたが、社内に知見がない
  • 効果
    – 足元の課題であったWeb広告運用やサイト制作のディレクションができるようになったこと
    – 顧客へのデジタル活用支援サービス提供の可能性が広がったこと

導入の背景

弊社は徳島県に特化した人材サービスを運営しています。
キャリアコンサルタントとして徳島県内の企業様への新卒採用コンサルティングや転職支援の人材紹介に取り組んでいます。直近1~2年は徳島県内の新規営業先の拡大を目指してデジタル広告等のWeb集客手法のディレクション業務も務めています。

今回、Web集客を中心に競合他社の人材会社も訴求方法やアプローチ手法を変えている中で、自社でもWebを強化して営業活動先を広げていきたいと考えており、まずはWebサイトのリニューアルと、Web広告を強化していきたいと考えていました。しかし、社内に十分な知見をもった人材がおらず、何かしらの打ち手が必要でした
打ち手の方向性として、実際のWeb広告運用やWebサイト制作自体は外注するとしても、自分たちで施策のPDCAを理解して回せるようにしたい(=Webディレクション力を身に着けたい)と考えていましたが、費用含めてマッチする施策やサービスが見つからない状況が続いていました。

そんな時にすでに利用していた「カイコク」を運営するBLAM社からカイコクの複業人材の方を活用したデジマ学習支援サービスがリリースされることを知り、マッチする可能性を感じてお話を伺いました。

導入後の所感

サイトリニューアルとデジタル広告の運用ディレクションがメインの業務でもあったので、以下のコースを受講しました。

・Web広告運用ノウハウ
・Web解析・分析(初級)

受講風景

カリキュラム内容の分かりやすさはさることながら、講師の方々の知識の豊富さ・レベルの高さ・人柄の良さを感じていました。
初歩的な質問でも我々と同じ目線で真摯に答えてもらったり、サイトを隅々まで見て提案してくれたりと、本気で良くしようと考えていただいて、非常に信頼できる方々だと思いました。

導入による効果・今後の展望

受講を通じて、具体的に直近抱えていたWeb広告運用やWebサイトに関する課題を相談できたため、理解を深めるだけでなく、すぐに実践に生かすことができました。

今後は、学んだことを活用し、自分たちの成功事例(営業活動のデジタル化)を作りたいです。
またこれからの時代、デジタルなくして成長する企業はほぼないと思っているため、自社だけでなく、徳島県の企業へ還元し、デジタル化の啓蒙をしていきたいと考えています。
ゆくゆくは、徳島県内の企業様に様々なデジタル施策を自社から提案できるようにしたいです。

カテゴリー
case case-terakoya

受講後、1ヶ月で2,000万円以上の見込み顧客を獲得!マーケティングDX推進のカギを握る営業部隊のデジタル育成

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社Success Holders
https://success-holders.inc/
事業内容:
 テクノロジー事業
 メディア事業

ポイント

  • 目的
    – クライアントのデジタルに関する与件相談を受けられるようになること
    – 営業のデジタルシフトを推進すること
  • 課題
    – 社内にデジタル知見がないこと
  • 効果
    – 1ヶ⽉で2,000万円以上の見込み顧客を獲得
    – 全社的なデジタルシフトの推進

導入の背景

弊社は創刊35年目の地域密着フリーペーパー「ARIFT」を発行しており、仙台・さいたま・横浜を中心に各地域の小売店等の情報をフリーペーパーに掲載しています。
また、日頃の営業活動を通じて、お客様への広告支援やコンサルティングをさせていただいています。

これまでメディア事業において、地域のクライアントへ様々なオフライン施策を中⼼とした集客/認知⼿法を提案してきました。
その中でクライアントからサイト改善やSNS運⽤の相談が寄せられていましたが、これまでは社内にデジタルマーケティングやオンライン施策についてノウハウが蓄積されておらず、デジタル領域を理解した提案や対応ができないというハードルがありました。

こちらの解決策を検討していたところ、別事業であるテクノロジー事業部の方からBLAM社を紹介いただきました。
テクノロジー事業部の方では昨年より全社的にDX支援の強化を図るにあたってBLAM社に相談させていただいていました。

導入の決め手

デジタルマーケティング領域全般を体系的に学べることが決め手です。加えて、動画ログを全社的に展開することができるため、全社教育ができる観点も我々のニーズに合っていました。

またご担当の方と議論を重ねていく中で、自社の「地域のDXを推進しクライアントの希望を叶える」という想いから全社的に営業のデジタルシフトをすることを決意し、そういった想いも含めてカイコクテラコヤを導⼊しました。

導入後の所感

弊社では以下のコースを受講しました。

・デジタルマーケティング基礎
・解析・分析(初級)

各地域を代表とした営業メンバーが各コースを受講しています。録画動画提供オプションを最⼤活⽤して受講者以外全員にも動画を⾒せた上で、受講者が⾮受講者に対して社内で教育を実施し、インプットとアウトプットの両⽅の質を向上させました。
こうすることで、全社のデジタルリテラシーの平準化を図るよう心がけています。

導入による効果・今後の展望

これまで発⽣していなかったサイト制作を中⼼としたWeb商材の受注が各営業⽀店で発⽣が相次ぎ、1ヶ⽉で2,000万円以上の見込み顧客を獲得することができました。
上記の成果も相まって、受講者以外も「デジタル領域を学びたい・知りたい」というモチベーションが⾼まり、全社的にデジタルシフトが推進されたと考えています。

今では様々なコースを受講したことで、自社に合った顧客のデジタル支援方法を確立することができ、そのサービスの立ち上げ・強化を図っています。

現在、デジタルマーケティング基礎/Web解析・分析/Web広告/SNS/SEOを受講したのですが、今後はクライアントのニーズに応えられるように他のコースにも挑戦をする予定です。

カテゴリー
case case-terakoya

デジタルマーケティングを体系的に習熟!インハウスチームのナレッジ強化に成功

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社小林創建
https://ksoken.com/
事業内容:
  住宅設計・施工・販売  

ポイント

  • 目的
    – 社内のデジタルマーケティング知見を向上させ、インハウスチームを構築
  • 課題
    – 社内にデジタル知見がないこと
  • 効果
    – 受講した社員から受講していない社員への知見共有

導入の背景

住宅業界では、人口減少によって家を建てる数が今後も見込めず、逆に「家余り」や「空き家」が増えています。さらに県外からメーカー・ビルダーが参入することで今後も過当競争が予想されます。

また、厳しい市場環境に加え、私たちの会社では以前から「人材の定着」に問題を抱えていました。特にデジタル・マーケティングの分野においては詳しい人が社内におらず、自分たちで調べながらなんとかしのいでいました。それと同時に、このままではいつまで経ってもデジタル化が進まないと焦っていました。

地元(長野県)や全国規模の大手企業に話を聞き、情報収集をしていましたが、その中で信頼できる方よりカイコクテラコヤをご紹介いただきました。

導入の決め手

知見を持っている企業に「外注」するのか、自社のスタッフを育成し「内製」していくのか迷っていました。
仮に外注する場合、都内の大手会社に依頼をすると費用は高くなり、かつ、本当に自社にマッチするかわからず、投資対効果としてリスクがあるように感じていました。
かと言って地元企業はデジタルマーケティングに関する情報量が少なく、実際に成果が出るかどうかわからず、外注か内製かどちらかで迷っていました。

そんな中でご紹介いただいたカイコクテラコヤでは以下のメリットを感じ、「内製を前提とした育成」に大きな期待を持ち、申し込みしました。

・コース毎に現場で実務をしている専門領域のプロ講師がいる
・自社の業務内容に即してくれる、かつ オリジナルのカリキュラムのコンテンツの量とクオリティの高さ
・録画データが残るオンライン講義

導入後の所感

弊社では以下のコースを受講しました。

・マーケティング基礎
・デジタルマーケティング基礎
・Web広告
・解析・分析(初級)
・Webデザイン
・SEO

受講風景

受講した社員は、講義で学んだことや課題として取り組んだことをそのまま実務でも活用しています。

「ここはテキストに載っていないけどどうなんですか?」や「実務に置き換えるとどうなりますか?」など、単純な座学としてではなく、実務に活かすためにどうするか?成果に変えるために私たちは何ができるか?を考えながら講義に臨んでいました。

受講内容一例

また、私自身としても講義動画を確認し、改めて自社のマーケティングを整理しています。

導入による効果

受講した社員自身、講義を受けることで、得た知識を使いたいと感じるようになったと聞いています。これまで課題を感じていたけれど、どう解消したらいいかわからなかったことを、実際にこんなことが実現できるのならやってみたいという気持ちになっているように見受けられます。
知識を吸収する→学んだことを実践する→やる気が出る→その結果、成果が出始める→もっとやりたくなる!という良いサイクルが回り始めているように感じます。

また、今では社内のデジタル・マーケティングに関わる人たちがチームとなり、自然に勉強会や打ち合わせを始め、自走し始めています
デジタルマーケティングに関する実践的な知見を授けてくれ、会社側が実践の機会を提供する、とても良い関係性が築けています。

今後の展望

今回のカイコクテラコヤの取り組みを通じて、地域企業こそデジタル化すべきだと確信しました。地域には自分たちさえも気がついていない、目に見えない資産がたくさんありますが、その多くは可視化できていないように思います。
また一部の人に知見・情報が偏り、俗人的になる傾向も強く、再現性が高くない問題も同時に抱えています。弊社もまだまだ発展途上ではありますが、知見をナレッジ化し、次の人に継承し、よりブラッシュアップしていきたいと考えています。そのためには「わかりやすい情報」として言語化していく必要があるため、今後進めていきたいと思っています。

弊社が大切にしたいのは、社員から見ても、お客さまから見ても、パートナー取引先さんから見ても、嘘偽りがない誠実な姿を追い求めていきたい。そのためにはまだまだ成長しなければなりません。
本当に成長する場所は失敗を許容する環境であると思ってるので、私ができることは、若い世代がチャレンジできる環境を用意し、そのための「ツールとしてのデジタルマーケティング」を整備すること。その結果、売上・利益・規模拡大になるはずだと信じています。

カテゴリー
case case-btoc

インハウス支援・広告運用|Web広告CPAを130%改善!インハウス体制で新媒体へチャレンジ

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社レトロミーム
https://retromeme.jp/
事業内容:
 ウェディングムービー制作「ナナイロウェディング」の運営
 ブライダルジュエリーレンタル「The Timeless Love」の運営
 システム開発サービス
 運用受託サービス
 コンサルティングサービス  

ポイント

  • 目的
    – Web広告運用の効果最大化
  • 課題
    – 新しい広告チャネルの開拓や既存チャネルの最適化などに対して専門的な知識の不足
  • 効果
    – CV数の伸びは維持したまま、CPAを130%改善
    – インハウス体制では難しい新媒体へのチャレンジ

導入の背景

弊社が運営する「ナナイロウェディング」のマーケティングチームはインハウス体制を敷いておりました。
しかし、さらなる事業拡大のために新しい広告チャネルの開拓や既存チャネルの最適化などに対して、専門的な知識の必要性を感じていました。

導入の決め手

下記の業務内容を想定し、カイコクには募集をかけました。

・webプロモーションの戦略立案サポート
・広告メディアプランニング
・既存広告アカウントの改善施策出し、及び施策実行ディレクション
・LP改善のためのABテスト
・社内ナレッジ蓄積のためのレポーティング

web広告の効果的な配信だけでなく、社内でのナレッジ蓄積を行いたかったのでカイコク担当者の方とも相談の上、幅広い範囲での依頼に至りました。

導入後の所感

複数名紹介を頂きましたが、経験だけでなくコミュニケーションの取り方など幅広い観点から決定に至りました。

1社目 大手Web専業代理店  約2年
SEMコンサルタントに従事

2社目 エンジニア塾の運営会社 約1年
マーケティング領域の統括

導入による効果・今後の展望

このチャレンジも相まってCV数の伸びは維持したまま、CPAを130%改善できています。
これまではリスティング広告、Facebookリターゲティング広告のみの実施でしたが、新しい媒体(Criteo、Googleダイナミック広告、LINEなど)へチャレンジできました。

中々インハウス体制では難しいため、実施できていることに大きな価値を感じています。

カテゴリー
case case-btob

戦略立案・実行ディレクション|カイコク導入後、自社サイトからのリード獲得数が約2倍に!マーケティング領域における専属の相談役として活用

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社ナセバナル
https://taobao-support.net/
事業内容:
・淘宝网(タオバオ)出店・運営サポート
・阿里巴巴(アリババ)出品・出店・運営サポート
・天猫(Tmall)出店・運営サポート
・中国商標権・各種許認可取得申請
・中国事業に関するコンサルティング
・前各号に付帯する一切の業務

ポイント

  • 目的
    – 戦略から実行までのサポート
  • 課題
    – 社内でのBtoBマーケティングのナレッジ・経験がない
  • 効果
    – 稼働開始3ヶ月でWeb問い合わせ件数が約2倍増加
    – WeBマーケティング施策の可能性が大きく拡大
    – 社内のマーケティング知識の蓄積
    – スピード感をもった、課題認識と解決

導入の背景

弊社は中国ECビジネスのプロフェッショナル集団としてタオバオ・アリババなどの出店・運営サポートを提供しています。
ただ、クライアントの運営サポートに社内の主なリソースを使っていることで、 自社のサイト運用が後回しになっていました。

また、我々が得意としているのは中国市場におけるECマーケティング領域です。
そのため日本国内のマーケティングに対して専門的な知見や経験は少なく、「プロに頼る」べき領域だったと認識しています。

導入の決め手

当初はカイコクと相談の上で、下記内容にて募集を行いました。

・現状の共有・分析(GA分析、カスタマージャーニーの作成等)
・Webマーケティング戦略の立案
・戦略に応じてマーケティング施策の実行or社内マーケティング担当へのディレクション

実際に稼働が始まったタイミングですり合わせをさせて頂き、課題の優先順位を整理いただきました。
その結果、下記の業務をご担当いただいています。

・GAを活用したサイト分析
・分析結果を踏まえた、マーケティング施策立案と戦略設計
・サイトリニューアルに向けた、制作会社とのMTG同席
・集客強化を目指した、サイト内コンテンツの改善施策立案
・社内のインハウス化を視野に入れて、GA計測方法の改善やデータ抽出など

サイト分析などの具体的な依頼内容に対する対応はもちろん、 マーケティング領域における私(弊社代表)の相談役・壁打ち相手としてご活躍頂いております。

こういった形態では初めての取り組みではありましたが、カイコク事務局にもサポートを頂けたので、ユーザーの方とのコミュニケーションをノンストレスで行うことができ、スムーズに自社マーケティングを開始することができました。

導入後の所感

マッチングした方はマーケティング業務を軸としながら、オンラインサービス運営に必要な各種業務全般(サービス企画、開発進行管理、営業、サポート、予実管理)の経験がある方でした。

1社目 BtoB企業 約3年
SaaS型ツールのサービス企画、開発プロジェクト管理、マーケティング、カスタマーサクセス、予実管理などサービス運営全般を担当。

2社目 大手エンターテイメント企業 約2年
新規リリースのアプリ/エンタメサービスのマーケティング業務を担当。 WEB広告のディレクション、公式SNSのPR企画と運用、PR全般の広報業務など

3社目 大手人材企業 約3年
幅広い業界の企業を対象にSEOディレクター、競合調査、販促キャンペーンの企画などマーケティング領域のディレクションと実行業務に従事。

マーケティング領域の知識が豊富なだけでなく、ビジネススキルもありとても優秀な方で助かっています。
基本的にはチャットツールを用いたコミュニケーションをとりつつ、 必要に応じてオンラインMTGを実施するなど柔軟に対応頂いております。

導入による効果・今後の展望

・稼働開始3ヶ月でサイト内の問い合わせ件数が約2倍増加
・サイト内集客を意識したサイトリニューアルのサポートにより、WeBマーケティング施策の可能性が大きく拡大
・パートナーとして伴走して頂くことによる、社内のマーケティング知識の蓄積
・都度相談ができることでスピード感をもった、課題認識と解決

中長期的なWEBマーケティングの重要性を再認識できました。
ビジネスパートナーとして信頼できる方とお会いできたので、これまでできなかった施策や理想をスムーズに実行できてきていることは弊社にとって大きな成果だと感じています。

カテゴリー
case case-btoc

コンテンツ制作|サッカーJ2リーグ所属 栃木SCのグッズデザインを刷新

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

企業・サービス情報

株式会社栃木サッカークラブ
https://www.tochigisc.jp/
事業内容:
 プロサッカークラブチームの運営

ポイント

  • 目的
    – グッズ制作
  • 課題
    – 社内デザイナーのリソース不足
  • 効果
    – サポーターの方にぜひ使っていただきたいと思えるグッズの完成

導入の背景

弊社はプロサッカークラブチームを運営しています。運営チームは限られたリソースの中で様々な業務を行っておりますので、マーケティングに力を入れていきたいと思いつつも中々実行に移せないでおりました。

そこをカイコクを通じた複業人材の方にサポートいただく取り組みが非常に上手くいっていたため、今回社内デザイナーのリソースが十分ではなかったことから、追加でグッズの制作も依頼させて頂きました。

昨年までのデザインから、より良いものにブラッシュアップを図りたく、スポーツチーム等のデザイン経験のある方にご依頼させて頂きたいと考えておりました。

導入後の所感

今回依頼した グッズ は「サコッシュ」のデザインです。

1社目:制作会社 5年
職種:デザイナー
オンライン・オフライン問わず商品企画~デザインを担当。
その他グラフィック全般の経験あり。

2社目:大手事業会社 4年目
職種: グラフィックデザイナー
VI(Visual Identity)領域を中心にブランディングデザインやロゴデザインを経験。

一見して栃木SCのグッズだとわかるように、かつクラブのコンセプトカラーを用いてどのような方向性にするか、デザイン視点での起案からサポート頂きました。

導入による効果・今後の展望

いくつかの頂いた案の中から応援フラッグの矢印を想起させるシルエットをグラフィックに落とし込んだデザインに決まりました。サポーターの皆様にぜひ使って頂きたいと思えるものができたと感じています。

また、今回十分なスケジュールを確保できていたわけではない中で、1回目のMTG時から弊社側の意図を素早く汲み取って頂いたこと、複数のご提案を提示頂けたことでコミュニケーションストレスを感じることなく円滑なやりとりができたため大変助かりました。

今後も機会があればぜひお願いしたいと考えています。