カテゴリー
knowledge web-ad

【BtoB向け】BtoBサービスにおける最適化リスティング広告運用とは


目次


リスティング広告では検索エンジンの検索結果にユーザーが検索したキーワード(検索語句)に連動して掲載されます。そのため商品やサービスに対してモチベーションが顕在化したユーザーへのアプローチとして非常に有効です。

そのなかでも、BtoBサービスではGoogleやYahoo!の機能特性を生かした運用だけではなく、業界や商品特性を鑑みた運用ポイントが必要になります。本稿では特に大切なポイントをご紹介します。

検索結果画面において商品・サービスの導線としてどう機能するのか?

BtoBマーケティングにおいてWeb広告では、プッシュ型で様々なターゲティングを用いてリーチを拡大できるディスプレイ広告を広げていきつつ、リスティング広告では「比較検討層へのリーチ」「商品・サービス検索ユーザーへの最適な導線設計」の役割が重要となります。では、実際にリスティング広告の運用で大切なポイントを見ていきましょう。

キーワードの設計

・自社名、サービス名、商材名称を中心に掛け合わせワードを設計する

・マッチタイプを広げて検索クエリを発掘しやすくする

ユーザーが検索したキーワードに連動して表示するリスティング広告では検索されるキーワードを想定して設計することが重要です。同時にBtoBではBtoCのユーザーとの重複を避けることが重要なポイントになります。そのため「自社名、サービス名、商材名称」を中心にキーワードを設計し掛け合わせワードをしっかり担保することで、自社について検索しているユーザーへのリーチを担保しつつ、ユーザーの検索ニーズをキャッチできるように設計することができます。

広告文

・「対象ターゲット」「サービスのベネフィット」「サイト上でのゴール」を明示する

検索結果画面では前述の通りBtoCの検索とも重複する可能性があるため、「法人向け」などのようなターゲットを明記することで見込みの高いユーザーに限定することができます。そして、BtoBでは検索結果画面での競合性が高い(=多くの競合他社と同時に表示される)ため自社の強みをタイトル部分に盛り込むことが大切です。

最後に、サイトに集客し、ユーザーにどんな行動をしてほしいか(=資料問い合わせ、お見積り)、を明示することで目的意識を向上させましょう。

計測の設計

・「マイクロコンバージョン」を設定する

・「Googleアナリティクス等の計測ツール」と連携する

・各KPIの転換率から最適な広告のCPAを設定する

BtoBにおけるデジタルマーケティングでは「CV数が足りなくて分析するための母数が、、最適化が、、」といった部分で検証が進まないことが多々あります。そのなかでコンバージョン地点の手前の地点(申込ボタンクリックや別ページ等)へのユーザーの到達をマイクロコンバージョンとして計測することで分析と最適化をかけていくことで、検証を進めつつコンバージョンを伸ばしていくことができます。

また、Googleアナリティクスや各種ツールと広告経由の流入を連携することも重要です。各チャネルからの流入が、Web上でのリードから最終的な成果までの転換率を算出することで「リード獲得するためWeb広告での最適なCPA目標」をアップデートし続けることが成果の最大化に繋がります。

配信設定

・営業展開しているエリアに配信を限定する

・曜日/時間帯は対応できる時間帯に設定する

全国展開しているサービスでない場合は、自社のサービスが展開可能なエリアに配信先を限定頂くことがおすすめです。また、電話や問い合わせ対応については曜日や時間帯でも配信の強弱をつけて運用することを推奨します。

日々の運用調整

・デバイス別での傾向が顕著なので入札比率を設定する

・検索クエリからユーザーニーズを分析する

BtoBでは自社サービスによってデバイス別での傾向差が大きくでてきます。多くのサービスではPCにて獲得率が高い傾向があるため、入札単価の比率調整で強弱をつけていきましょう。また、ユーザーの検索クエリから自社サービスに対してどのようなニーズや課題を感じているか?を分析することで、広告文やランディングページの設計やサービスの改善に生かしていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Web広告媒体の特性を最大限に生かすことと、業界や商品特性を鑑みた運用をしていくことでリードの獲得だけでなくマーケティング全体への活用をしていくことで皆さんのデジタルマーケティングの一助になれば幸いです。

カテゴリー
knowledge web-ad

【BtoC向け】リスティング広告成功のポイント


目次


配信前のチェックポイント

配信の目的の整理

リスティング広告に限らず、広告を配信する前に目的を明確にすることが重要です。一口に広告と言っても種類によって強い領域が異なります。例えばテレビCMの場合は不特定多数のユーザーにアプローチすることができるため「認知拡大」に非常に強いメディアといえます。

リスティング広告の場合、ユーザーが検索されて初めて表示されるプル型といわれる広告であるため商材に興味が強い「顕在層」へのアプローチが可能です。商品を購入する可能性が高いユーザーに配信をしたいなどの目的に適した獲得向けのメディアといえます。

このようにメディアによって得意領域が異なるため配信の目的を明確にすることが必須となります。

配信条件・目標の整理

リスティング広告を実施する際に闇雲に配信するのでは成果を残すことは難しいでしょう。

予算はいくらで目標は何か?(CV数?CPA?)

いつまで配信してどんな目標を達成するのか?

このように配信前に条件や目標を整理することでやるべきことが見えてきます。ゴールのない配信では何をもって成功というのかわかりません。

あらかじめゴールを設定することは成功のためのステップと言えます。

誰(Who)に何(What)を伝えるか?

Who:ターゲットの理解

まずはターゲットを理解しなければなりません。

・商品を買うユーザーはどんな人なのか?

・どういった行動をするのか?

特にToC向けのリスティング広告の場合はターゲットユーザーが多岐にわたり、様々なユーザーインサイトが考えられます。

ユーザーインサイトをとらえ、いかにしてユーザーに興味関心をもってもらうか、そのためにどのようなコミュニケーションをとるべきかを考えることがリスティング広告成功に重要なポイントです。

What:商材の理解

商材を知らないと適切な広告配信はできません。まずは商品にはどのような特徴があるのか、どのような点が強みで他商品と比較して優れているのかなどを改めて理解しましょう。

商材を理解することでリスティング広告での訴求ポイントがわかります。

リスティング広告配信のポイント

アカウント構成

アカウント構成はリスティング広告の効果を分ける大きな要素と言われています。GoogleのHagakureなど推奨されているアカウント設定も存在します。

各商材や配信目的に適切なアカウント設計を行いましょう。

キーワード

商材についてのキーワードに加えて、ユーザーが検索するであろうキーワードを想定することが大切です。

そこで前述したターゲットの理解が役立ちます。自分がユーザーであればどんな検索行動をとるか考えてみましょう。

またキーワードを設計をする際に役立つのがキーワードプランナーです。ツールもうまく活用することでより良いキーワード設計を行いましょう。

広告文

広告文はユーザーが初めに目にするものです。広告文によってユーザーのクリック率は大きく変化します。

もともとは商品を知らなくても、広告文で興味をもちコンバージョンに至ることもあります。

商品を理解し、強みや特徴などの訴求ポイントをおさえることでユーザーが興味を持つ内容にしましょう。そして様々な広告文を検証することで勝ちパターンを見つけることが重要です。

入札

入札は広告の掲載順位を決める上で重要な要素です。ただし高い入札価格を設定すれば良いというものでもありません。

最近では自動入札も登場し、目的に応じて媒体が自動的に入札調整を行ってくれるようになりました。目的はクリック数なのか、それともコンバージョンなのか、あるいはコストパフォーマンスなのか、それぞれの目的に合わせて適切な入札戦略を選択しましょう。

また入札は年齢、性別などのデモグラ、地域や配信日・時間などでも調整が可能です。より狙いたいターゲットは入札を強化、逆にターゲットとして適していないものは入札の抑制するなど行うことも必要です。

ランディングページ

ランディングページについてはこちらの記事(https://kaikoku.blam.co.jp/client/digimaguild/knowledge/seo/to-c/1918)でも紹介しています。

リスティング広告でクリックしたユーザーがコンバージョンに至るまでの過程でランディングページは大きな役割を果たします。

多様なユーザーに合わせてランディングページを検証していくこともリスティング広告成功に欠かせないポイントとなります。

まとめ

リスティング広告成功のポイントについて解説してきました。

目的や条件を整理した上でターゲットと商材に対して理解することが最初のステップです。

そしてターゲットと商材に対して理解したことを実際のリスティング広告配信に適用していくことで効果を高めていきます。

ただし必ずしも初めの理解が正しいわけではありません。実際に実施する中で新たな発見や間違いに気づくこともあるはずです。

そのときは柔軟に変更し、PDCAを回していきましょう。リスティング広告に必勝法はありません。とにかく考えて実行し、修正して現状より良いものにしていく。これがリスティング広告成功に最も重要なポイントだと考えています。

カテゴリー
knowledge seo

ブログ作成おすすめは無料ブログ?WordPress?

「ブログを始めてみたい」と思う方もいるでしょう。ブログはアフェリエイトによる収益を計画することができ、ブログ作成を行うことで副収入を行うことができます。ブログ作成を行うときは無料ブログとWordPressによる方法を選ぶことができますが、「どっちで始めれば良いの?」とブログの選び方が分からないこともあるかもしれません。

ブログ作成について無料ブログとWordPressの内容を理解しておくことが大事なので紹介しましょう。

ブログ作成サービスの選ぶポイント

ブログ作成サービスを選ぶときは選びポイントがあります。どのような方法で選べばいいのか2つのポイントを考慮してみましょう。

ブログの目的で選定

1つ目はブログの目的で選定することができます。自分が作成したいブログは自分専用のサイトとして構築して運営したいのか、それともある程度機能が備わっているブログで作成したいのかです。

また、ブログを長期的に運営したいのか、短期的でもいいのかにより利用するブログブログサービスは違ってきます。自分がブログ作成の目的をしっかり考えることで、ブログサービスの特徴に合ったものを選ぶことができるでしょう。

ブログのデザインで選定

ブログのデザインにより選定することもできます。各ブログサービスはブログのデザインが違っています。自分が執筆するブログ内容によってデザインは重要になるので、自分の気に入ったデザインを提供しているブログサービスを選ぶことでブログ作成へのモチベーションが上がりやすくなります。

ブログ作成のときは機能も大事ですが、重要な機能設定はどのブログサービスも提供しているのでデザインを重視して選ぶのも良い方法です。

ブログサービスを一挙紹介

ブログサービスを利用するときは「どんなブログサービスがあるの?」とブログサービスについて知りたい方もいるでしょう。どのようなブログサービスを利用することができるのか以下をご覧ください。

Amebaブログ

ブログサービスとしてAmebaブログを利用することができます。Amebaブログはどのような内容となっているのか紹介します。

Amebaブログの基本情報

Amebaブログは株式会社サイバーエージェントが運営しているネットサービスです。Amebaブログもその中の1つであり、2004年にスタートしてから1600人以上の芸能人や有名人も利用しているブログです。

Amebaブログの特徴

Amebaブログはアバターサーボスの足あと機能や読書申請といった会員同士のコミュニケーションが盛んに行われています。初心者でも使いやすく、操作方法をアイコンが動きながら教えてくれます。

コミュニティからユーザーの流入も見込めるので、ブログユーザーを増やすこともできますが、アフェリエイトには厳しい方針を示しています。

WordPress

続いてWordPressについて紹介します。

WordPressの基本情報

WordPressはGoogleが提供しているブログサービスです。有料版と無料版を利用することができますが、有料版の方が機能面で充実しています。

WordPressの特徴

WordPressは独自性が高いので、自分でテーマや設定などを自由に構築していくことができます。アフェリエイトにも利用することができ、ブログ運営をしたい方はWordPressを利用することが多いです。

設定は簡単に行うことができますが、細かい点まで設定しようと思うと手間と時間がかかります。

FC2ブログ

FCブログについて紹介します。

FC2ブログの基本情報

FC2ブログはFC INC.が運営するブログサービスです。2004年からサービスを開始しており、日本だけでなく海外でも利用されているブログサービスです。

FC2ブログの特徴

FC2ブログは柔軟にカスタマイズできる自由度の高さと大容量が特徴です。無料でも10GBの画像保存ができ、プラグインも豊富に揃っています。しかし、1ヶ月以上更新しないと強制的に広告が目立つようになります。

ライブドアブログ

ライブドアブログについて紹介します。

ライブドアブログの基本情報

ライブドアブログはNEVERの日本法人であるLINEが運営するブログサービスです。

ライブドアブログの特徴

シンプルなデザインでありながら、充実した機能面と自由度の高さが特徴です。HTMLやCSSの編集もすることができ、スマートフォンからの投稿や閲覧にも対応しています。アフェリエイトも行うことができ、広告収入としても利用できます。

JUGEMブログ

JUGEMブログについて紹介します。

JUGEMブログの基本情報

JUGENはGMOペパボが運営するブログサービスです。

JUGEMブログの特徴

テンプレートの数が多く、60億種類も揃えられているのが特徴です。人気アニメやアパレルブランドとのコラボもあり、自分好みにブログをカスタマイズして独自性のあるブログにすることができます。

楽天ブログ

楽天ブログについて紹介します。

楽天ブログの基本情報

楽天ブログは大手ショッピングサイトの楽天が提供するブログサービスです。

楽天ブログの特徴

楽天ブログは楽天アフェリエイトをしたい人が利用しています。楽天で販売されている商品について紹介し、購入者を増やすことで成果報酬を得ることができます。楽天の買い物レビュート連携できるので楽天ユーザーにおすすめです。

So-netブログ

So-netブログについて紹介です。

So-netブログの基本情報

So-netブログはインターネットプロバイダーのSo-netが運営するブログサービスです。

So-netブログの特徴

So-netブログはブログの広告表示でソネットポイントを貯めることができ、ポイントから特典を得ることができます。また1つのアカウントで複数のブログを管理できるので、メンテナンスが簡単に行えます。

Seesaaブログ

Seesaaブログについて紹介します。

Seesaaブログの基本情報

シーサ株式会社が運営するブログサービスです。

Seesaaブログの特徴

Seesaaブログは広告が少ないのでアフェリエイトがしやすいブログです。また、SNSアカウントと連携もしやすく、カスタマイズせずにブログ作成を行うことができるなど、初心者でも簡単にできます。

gooブログ

gooブログを紹介します。

gooブログの基本情報

gooブログはNTTレゾナントが運営するブログです。

gooブログの特徴

gooブログはヘルプが充実しており初心者でも簡単にブログ作成ができます。ブログ作成が簡単にできながら基本的な機能は揃っているので、複雑なブログ作成が苦手な人は利用してみることがおすすめです。

はてなブログ

はてなブログについて紹介します。

はてなブログの基本情報

株式会社はてなが運営しています。

はてなブログの特徴

はてなブログはブックマークからの新規アクセスを見込むことができ、更新すると新着記事として掲載されるので、書けば書くほどアクセスアップしやすい仕組みになっています。

WordPressと無料ブログどっちがいいの?

ブログサービスは無料ブログとWordPressを利用することができますが、利用ば自分の用途に沿って決めることが大事です。

WordPressを利用してブログを始める人は自分独自のサイトを構築したい人です。自分のサイトを構築してブログによるアフェリエイト収益を計画するなら、機能性に自由があるWordPressがやりやすいでしょう。

一方、ある程度の機能が揃っており、アフェリエイトなどもお試しとしてブログを書きたい人は無料ブログサービスがおすすめです。無料ブログサービスなら、機能が準備されており、すでにユーザー閲覧数も確保されているので、ユーザーを集めることも比較的簡単だからです。

ブログを始めるメリットとデメリット

ブログを始めるメリットとデメリットを紹介します。

メリット

ブログを始めるメリットは普段のことや自分の考えをブログに書くことで多くの人に共感してもらうことができます。自分の考えを共感してもらえるユーザー数が増えることで、アフェリエイトとして収益アップに繋がり、自分のサイトが高評価を得たりすることができ、満足感を得ることができます。

デメリット

ブログである程度の成果を出すためには長期的に毎日ブログを書く必要があるので、継続性が大事です。何ヶ月もブログを書かないと評価されないため、飽きっぽい人や短期的な成果を目指す人は向いていません。

まとめ

ordPressと無料ブログについて紹介してきました。無料ブログはたくさん提供されているので、自分に合った特徴を提供しているサービスを選んで利用してみることができます。

ただ、無料ブログサービスはその運営会社の状況により機能やサービスが変わってしまうこともあるので、自由性を生かしたブログを書きたい人はWordPressを利用するのがいいでしょう。

WordPressは設定やプラグインなど手間がかかりますが、自由にブログ運営を行えるので長期的にブログを書いていくアフェリエイターはWordPressが断然おすすめです。

自分の用途に合わせて無料ブログとWordPressの利用を検討してみてください。

カテゴリー
knowledge seo

All in One SEO Packとは?導入や設定方法などを紹介

WordPressを用いて記事執筆やサイトを作成する人もおられるでしょう。WordPressはサイト作成で1番用いられており、性能もしっかりしているので利用しやすい点があります。

ただ、WordPressを利用するときには、いろいろな設定を行う必要があり、その設定内容はプラグインによってWordPressの構築内容が変わってきます。WordPressではAll in OneSEO Packというプラグインを利用することができますが、「どんな内容となっているの?」「特徴とは?」と疑問を感じることもあるでしょう。All in One SEO Packの内容について紹介していきます。

All in One SEO Pacとは

All inOneSEO Packについて内容を理解していない人もいるでしょう。All inOneSEO Pack WordPressを使用してブログやメディアを運営するときに面倒なSEOの設定を簡単に行ってくれるプラグインです。

無料で利用することができるので、WordPressの使用経験がある人なら、誰もが利用することができます。All inOneSEO Packを利用すると以下のような特徴があります。

All inOneSEO Packの特徴とは

WordPressでサイトを構築するならSEO対策が大事です。SEO対策をしていることで自分のサイトが検索順位の上位に表示されやすくなるので、ユーザーを集めやすくなります。

しかし、自分でSEO対策をするならプログラミングの知識が必要だったり時間がかかったりして効率的な運営を行うことができません。自分でSEO対策の設定を行うには高い技術が必要になるので、ITスキルを持つエンジニアの人としか利用できないことになります。

しかし、All inOneSEO PackのプラグインはSEO対策に必要な機能が組み込まれており、ボタン操作のみでSEO設定が行えます。ITスキルのない初心者でも簡単にSEO設定を行うことができ、効率は断然早いので、短時間でSEO対策することが可能です。

WordPressを利用している大多数の人はAll inOneSEO Packを利用してSEO対策を行っているので、サイト運営に欠かせないプラグインだと言えるでしょう。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

All in One SEO Packの導入と設定方法

All inOneSEO Packを利用するならWordPressのSEO対策を簡単に行うことができるので、導入を検討するでしょう。All inOneSEO Packを導入するためには、その方法と設定方法に関して考える必要があるので、その点を紹介していきましょう。

All in One SEO Packの導入

All inOneSEO Packを導入するためには、WordPressの設定を前提条件をクリアしておくことが大事です。All inOneSEO Packの導入の前提条件としてサーバーの独自ドメインの設定が完了していること、WordPressがインストールされていること、テーマの適用などを終えている必要があります。

All inOneSEO Packの導入をするためには、WordPressも基本的な設定を終えていること必要なので、この手順を確認しておきましょう。

WordPressの基本設定を終えることができれば、All inOneSEO Packのプラグインをインストールします。All inOneSEO PackのプラグインはWordPress内のプラグインから行えます。プラグインをインストールすることができれば設定へと手順を移行していきます。

一般設定に関して

All in One SEO Packの一般設定はAll in One SEO PackからCanonicalURLsにチェックを入れて、Use Original Titleの無効にチェックを入れるようにします。これで一般設定は完了します。

ソーシャルメディア・タグの設定に関して

ソーシャルメディアタグの設定を行うには左メニューからAll inOneSEO Packの中にある「Feture Manager」をクリックします。次に「Social Mate」の「Activate」をクリックすると「SocialMate」のイラストがカラーに変わりタグ設定機能が使用可能になります。 左メニューのAll inOneSEO Packの中「SocialMate」が追加されているのでクリックすることで設定していくことができます。

XML Sitemapsの設定に関して

XMLSitemapsの登録をするためにはGoogleサーチコンソールに登録する必要があります。GoogleサーチコーンソールはGoogleアカウントを持っていれば直ぐに導入できるので、Googleサーチコーンと検索して登録するようにしてください。

Googleサーチコーンソールの登録が終えたらプラグインからXMLSitemapsをインストールします。するとAll inOneSEOからXML Sitemapsを設定することができます。Google登録に必要のないメディア添付ファイルやタグ、フォーマットなどはチェックから外しておき、画像除外にもチェックを入れておきましょう。

そして、サイトマップを更新にしておくと完了です。サーチコーンソールの画面でサイトマップから送信ボタンを押すと、サイトマップ登録となり設定が完了します。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

All in One SEO Packの使い方に関して

All inOneSEO Packの使い方に関しても理解しておくことが大事です。使い方に関して以下の内容をご覧ください。

メイン設定の使い方に関して

メイン設定を行うにはAll in One SEOからGeneral Settingsメニューをクリックします。ここから設定を行うことができますが、まずはトップページタイトルやキーワードに関する設定です。

ホームタイトル、ホームディスクリプション、ホームキーワードがあるので、それぞれ自分の意向に沿って記載していきます。設定を終えたら更新を押すことで反映されます。

タグやカテゴリーから記事のキーワードを設定するにはカテゴリーやタグから自動的にメタキーワード設定が行えます。

記事内にメタキーワードを設定する場合は、ユーザーキーワードからEnableを選択します。

メタキーワードは使用しても自動で設定されたくないならUnableを選択した後、チェックボックスは全て外しておきます。これでメタキーワードも設定できます。最後にデフォルトタイプの設定です。

記事や固定ページカテゴリーページなどを設定することができます。タイトルの書き換えを行うなら「Rewrite Titles」で「Enable」を選択しましょう。これでタイトル設定も完了です。

ここまで設定できればメイン設定は完了です。

ソーシャル設定に関して

All inOneSEO Packをインストールしたならソーシャルメディア・タグの設定から行っていく必要があります。WordPressの左メニューに「All inOneSEO」という項目が追加されるのでその中にある「General Settings」という項目をクリックしてください。

そこで「Home page Settings」を押してメタキーワードやメタディスクリプションなどの設定を行います。ホームページ設定の場合はUseAIOSEOTitle and Deiscriptionにチェックを入れて、サイトネームにサイト名を入力します。ホームイメージはサイトのトップページがシェアされたときに表示させたい画像を選びます。

Image Settingsではシェアされたときにデフォルトで表示する画像設定を行います。イメージソースの部分ではデフォルトにしておき、Use Default if No Image Foundにチェックを入れます。

記事ごとに画像設定することもできるので、もし画像を表示させたくない場合は、この設定にしておきましょう。

Facebook設定も行うことができます。Facebook設定は内容によって文章と画像が合わないこともあるので注意が必要です。

Facebook設定の場合は

・プロファイルの部分にFacebookのIDを入力

・Facebookオブジェクトタイプはblogにチェック

・Enable Facebook Mate forは投稿と固定ページ両方にチェックを入れます。

・Slow Facebook Author on Acticites にチェックを入れる

・投稿と固定ページ部分はデフォルト設定

にしておきます。

Twitter設定の場合は、

・デフォルトTwitterカードから表示内容を選ぶ

・Twitterサイトの部分に@で始まるサイト用のIDを入力

・Slow Twitter authorにチェックを入れる

・Twitter DomainにサイトURLを入力

となります。

また、インストールする必要がありますが、ソーシャルメディア用のタグが重複しているか確認するScan Social Mateも利用してみることができます。ソーシャルメイト用のタグが重複していないのか確認することでコンテンツの拡散効率化を最適化できます。

まとめ

All in One SEO Packを利用することでWordPressのSEO対策を効率化することができます。設定にはいろいろな方法があるので、自分の意向に沿って自由にカテゴリーやキーワード、ソーシャル設定を変えることができます。

設定内容によっては複雑な部分もあるので、最初設定するときには戸惑う部分もあるかもしれませんが、一度設定を行う経験をしておけば、次に設定を変更したいときはスムーズに行うことが可能です。

SEO対策は自分のサイトを検索順位に上げるためには重要な項目です。ぜひAll in One SEO  PackでSEO対策を行うようにしましょう。

カテゴリー
knowledge seo

レスポンシブデザインとは?メリットやデメリットなど特徴を紹介

サイト構築を行うためにはいろいろな設定や状況に対応する必要があります。自分のサイトを閲覧してもらうためには、ユーザーの意向やユーザのニーズに合わせる必要があるので、対応方法を知っていることでサイトの効率化はアップし集客がうまくいきます。

サイト構築の効率化や集客のためには、レスポンシブデザインを利用することが可能です。ただ、「レスポンシブデザインとは?」、「レスポンシブデザインのメリットやデメリットは何?」と思う人もいるでしょう。 レスポンシブデザインの内容について紹介していきます。

レスポンシブデザインとは?

「そもそもレスポンシブデザインとはどんなものなの?」と疑問に思う人もいるでしょう。レスポンシブデザインの内容は以下の2つから理解することができます。

レスポンシブデザインの定義について

レスポンシブデザインのレスポンシブは「よく反応する」という意味があります。そのため、レスポンシブデザインはデバイスの画面サイズに依存しないWebサイトを構築することになります。

デバイスはPCやスマホにより画面サイズが変わってしまうこともありますが、レスポンシブデザインを利用すればどのデバイスでも見やすい表示に切り替えることができます。

レスポンシブデザインの特徴について

レスポンシブでの特徴は導入することでPC用サイトとモバイル用サイトを別々に作る必要がなくなることです。PC用サイトとモバイル用のサイトを別々に作ろうと思えばかなりの時間と労力が必要になり、サイト運営がスムーズにいきません。

しかし、レスポンシブデザインで共通のWEBサイトを1つ構築してURLやHTMLもページごとに1種類ずつ用意すればいいので手間がかからずサイトを最適化することができます。

クリエイティブの課題解決ができる!

優秀なデザイナーに相談

レスポンシブデザインの見え方を紹介

レスポンシブデザインを採用することでサイトを効率化できますが、PC版、タブレット版SP版により見え方に違いがあります。カイコクというサイトを例に見え方を紹介します。

PC版

PC版では画面上の上にメニューが載せられており、横一列に表示されています。画面の上部を見るとサイトの情報を知ることができるようになっており、自分の気になる部分が一目で分かるようになっています。

タブレット版

タブレット版の場合は画面表示や文字の羅列はPC版と変わりません。ただ、PC版では上記に表示されているメニューがタブレット版では表示されません。PC版とタブレット版ではメニュー表示のみ少し違いが生じてしまいます。

SP版

SP版では画面上部の右上にメニューバーがあるので、そのバーからメニューを開いて情報を見ることができます。メニューを見るためには1度上部を見なくてはいけませんが、画像や文章の羅列は全てが目に収まるように画像の下に文章がくるようになっています。

レスポンシブデザインの作り方

レスポンシブデザインを利用することで使用するデバイスによって画面表示見やすく変えることが可能です。ただ、レスポンシブデザインを利用するためには作り方について知っておく必要があります。やり方はシンプルなので作り方を紹介します。

meta viewportタグを追加

meta viewportタグは自分のサイトがどのように作成されているのか追加方法が異なってきます。

もし、HTMLファイルで作成されたWebサイトの場合は全てのHTMLファイルのヘッダー部分にmeta viewportタグを追記します。もし、WordPressで作成されたWebサイトの場合は共通のテンプレートファイルに追記します。ソースコードにはいろいろな指定方法があるので、それに対応したソースコードを適用します。

また、meta viewportタグを使用することでレスポンシブデザインの横幅と倍率、ズームの許可についても指定することができます。横幅の指定をすることでアクセスしたデバイスによって横幅がサイトの横幅になるように表示されます。倍率も指定できますが目的がないなら1.0の指定で問題ありません。 カンマで区切ってユーザに表示されているページは、ズームを許可するのか指定できます。このようにmeta viewportタグでサイトの見せ方を工夫できます。

CSSファイルで指定

運営しているCSSの指示内容を画面サイズによって切り替えられ、PCとスマホで異なる表示やレイアウトを行うことができます。

PC向けは例えば、表示画面のサイズが481px以上の場合なら、そのポイントのサイズになるとPCに画面表示に指示内容が切り替わります。481という数字は自分の好きな数字に切り替えられます。

スマホ向けの場合も同様に画面表示が481と指定していて、デバイスがこの数字以下であれば、スマホ向けの画面表示に切り替わります

他にもコンテンツの非表示やfloatの解除、画像やコンテンツの横幅調整などが行えます。

クリエイティブの課題解決ができる!

優秀なデザイナーに相談

レスポンシブデザインのメリット

レスポンシブデザインを利用するとメリットを得ることができます。「どんなメリットを得ることができるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。メリットについて内容を紹介していきます。

SEOによる検索上位への向上が期待できる

スマホやPCごとに対応した画面表示となるので、検索結果の上位に表示されやすくなります。スマホとPCでは画面表示に違いがあるので、画面表示によってはサイトがしっかり表示されずGoogleの評価が落ちてしまうこともあります。

しかしレスポンシブデザインによりスマホ用のページ順位の決め手になるモバイルファーストインデックスに対応でき、検索順位の向上が期待できます。

サイトが修正しやすい

レスポンシブデザインはCSS記述のみで行います。もしサイトを修正するときに「動的な配信」や「別個のURL」のように複数ファイルを修正するなら、手間がかかりますが、CSSのみの修正なのでサイトの修正は簡単に行えます。

シェアされやすい

レスポンシブデザインであれば、サイトをPCやスマホごとに作成する必要がなく、1つのURLにより管理することができます。そのため、サイトに訪れた人がシェアしやすくなり、ユーザーのシェアが分散されることを防ぐことができます。

レスポンシブデザインのデメリット

レスポンシブデザインはメリットだけでなくデメリットもあります。どのようなデメリットが存在するのか紹介しましょう。

スマホの表示に時間がかかる

レスポンシブデザイの場合はHTMLが1つで作成されているので、PCもスマホも同じデータを読み込む必要があります。しかし、データによってはスマホで表示されないものもあるので、表示完了するまで時間がかかってしまうこともあります。 時間がかかるとスマホ利用者は時間に耐えられなくなり、サイトから退出してしまうことが多くなる可能性もあることを覚えておきましょう。

デザインに制限がある

レスポンシブデザインはHTMLが1つなので、スマホとパソコンでコンテンツの順番を変えるなど、大幅に見せ方を変えることはできません。そのタネ、デザインにこだわって収益をあげたい人はレスポンシブデザインの制限に不満を感じる場合もあります。

制作工数がかかってしまう

レスポンシブデザインはデバイスごとにデザインを制作して、それに合わせてコーディングしていくので複雑化してしまうこともあります。複雑化してしまうと制作工数がかかり、手間と時間を要するようになるので、作業効率が落ちてしまうこともあります。

まとめ

レスポンシブデザインを利用することで、サイトをPC版やスマホ版、タブレット版に合わせた最適な画面にすることができます。

レスポンシブデザインを利用することでユーザー側は自分が利用したデバイスで最適な画面でサイトを閲覧することができ、運営側もSEO対策とすることもできるので、双方にメリットがあります。 レスポンシブデザインは簡単に設定できるので、サイトを運営している人は利用してみることを検討できます。ぜひ、利用を考えてみてください。

カテゴリー
case case-btoc

サッカーJ2リーグ所属 栃木SCのグッズデザインを刷新

カイコク導入背景・依頼内容は?

グッズの作成にあたり、社内デザイナーのリソースが十分ではなかったことから
今回カイコクに依頼を致しました。
昨年までのデザインから、よりよいものにしたかったため
スポーツチーム等のデザイン経験のある方にご依頼させて頂きたいと要望致しました。

依頼内容はサコッシュのデザインです。
一見して栃木SCのグッズだとわかるように、かつクラブのコンセプトカラーを用いてどのような方向性にするか、デザイン視点での起案からサポート頂きました。

マッチングしたユーザーの経歴は?

1社目:制作会社 5年
職種:デザイナー
オンライン・オフライン問わず商品企画~デザインを担当。
その他グラフィック全般の経験あり。

2社目:大手事業会社 4年目
職種: グラフィックデザイナー
VI(Visual Identity)領域を中心にブランディングデザインやロゴデザインを経験。

成果

いくつかの頂いた案の中から応援フラッグの矢印を想起させるシルエットをグラフィックに落とし込んだデザインに決まりました。サポーターの皆様にぜひ使って頂きたいと思えるものができたと感じています。

また、今回十分なスケジュールを確保できていたわけではない中で1回目のMTG時から弊社側の意図を素早く汲み取って頂いたこと、複数のご提案を提示頂けたことでコミュニケーションストレスを感じることなく円滑なやりとりができたため大変助かりました。

企業・サービス情報

株式会社栃木サッカークラブ
https://www.tochigisc.jp/

カテゴリー
affiliate knowledge

【BtoB向け】アフィリエイト運用のコツやポイントを徹底解説!

アフェリエイトの運用を行うときは運用のコツを理解しておくことが大事です。どの相手にアフェリエイトを行うかによってアプローチの方法や戦略の仕方は変わってきます。そのため、ターゲットを選んでアフェリエイトを始めるのは重要です。

アフェリエイトではBtoB向けに運用をすることができますが。「BtoB向けのポイントとは?」と内容についてイマイチ分からない人もいるでしょう。BtoB向けのアフェリエイトのコツを紹介しましょう。

BtoBのアフィリエイト運用について

まず、アフィリエイトの案件に関してはtoC案件が多く、toB案件は少ない傾向となっています。toB案件よりもtoC案件のアフェリエイが多いのには理由があります。

・理由:成果報酬獲得(CV獲得)の難易度、専門性が高いがゆえの募集のしづらさ

アフェリエイトのときにtoC案件よりもtoB案件の方が少ないのは専門性を求められるので、運営していく難易度が高くなっているからです。アフェリエイトのtoC案件は消費者向けに購買意欲を高めるアフェリエイトをしていきます。

ただ、消費者の購買向け意欲のプロセスは簡単であり、時には単純なときがあります。体験した感想や口コミを載せておくだけでアフェリエイトの広告にアクセスしてくれることもあり、単純明快に商品紹介をするだけでアフェリエイトの成果を出すことも可能です。

また、アフェリエイトで紹介する商品もすぐに活用できるような完成品を取り扱い、自分も日常生活で利用しているものを紹介することが多いので、高度な知識は必要ではありません。

しかし、アフェリエイトのtoBは企業向けとなっているので、購買を決定するときにtoCよりも複雑になっています。ToCと違い購入を決定するのは1人ではなく複数の担当者などが商品やサービスを検討し、時には組織やトップが決断して購入を決定することがあります。

また、企業向けのアフェリエイトなので、商品開発をすると時のパーツや商品などをアフェリエイトの記事で紹介しなくてはならず、訴求性を与えるためには専門的な知識が必要になってきます。

アフェリエイトのtoCとtoBの内容を比較してみると成果報酬を獲得するまでにはかなりの専門性が必要になり、難易度も高いので難しいと言えます。

ただ、toBはtoC案件と比べると成果報酬を高単価に設定することが可能です。企業は商品を気に入れば費用が高くても購入してくれるので、toCに比べるとROIを高くすることが可能です。ToBは専門的分野が高いアフェリエイトですが、専門的知識のあるアフィリエイターにとっては挑戦して高い利益を得ることのできる方法と言えます。

BtoB事業におけるKPI設計について

toBにおいて、KGIを売上とするならKPIとなるのは相談予約、クライアントとの契約、問い合わせ、商談予約、ツールの購入などになります。ToBのアフェリエイトで売上を上げるためにはアフィリエイトで設定する成果地点(≒成果報酬条件)を達成することが大事です。

そのため、興味を持ったクライアントが契約を行うことができるように、サイト内で商品の紹介記事を書くことはもちろん、体験談や比較表などを用いて商品の訴求性を高めることができるように構築していくことが大事です。

また、問い合わせや相談予約をサイトでも分かりやすい位置に備えることを考える必要があります。興味を持ったクライアントが気になる点があればアフェリエイトとして購買意欲を削がれることになります。

しかし、問い合わせフォームが見やすい位置にあること、相談予約もどこで行うのかすぐに分かるようにしているなら、クライアントは疑問点を解消して広告のクリック率を上げることができるようになります。

また、展示会のKPIを上げたい人であれば商談予約も考えることが大事です。名刺獲得数や商談数、後日アポ数、受注数など、各1時間を目安値に算出してKPIの見直しや施策改善を行うことができるように考えておきましょう。

また、ツールの購入も大事です。ツールを購入することでアフェリエイトサイトの最適化を行うことができ、クライアントに紹介している商品を見やすく分かりやすく説明することができます。

ツールをうまく使用することで重要ページの到達率も上がりKPIを上げることに貢献できます。

KPIはアフィリエイトにおける成果報酬条件と一致する場合、しない場合があります。そのため、KPI設計をした後も運営してから予想と違う部分が生じてしまうこともあるため、その都度見直しをして改善していくことも忘れないようにしましょう。

BtoB事業にに適したASPについて

アフェリエイトをしていく点でASP選びは大事です。ASPと契約することでアフェリエイトの成果報酬を発生することができるからです。しかし、ASPにはtoC向けとtoB向け、また両方を揃えているものがあります。

もしBtoBであるならtoB向けのASPを利用する必要があるので、ASP登録する前にtoB向けのASPは何があるのか考えることが必要です。ToB向けは難易度が高いですが、ASPはいろいろあります。自分の納得のいくASPを探して成果報酬を獲られるようにしましょう。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

BtoBにおけるアフィリエイト活用事例

toBにおけるアフェリエイトの活用事例に関して紹介します。
toBにおけるアフェリエイトASPでおすすめしたいのはクラウドメンバーズです。クラウドメンバーズはBtoB企業専門のアフェリエイト広告を専門にしており、プロ向けに特化した内容に適した人材を選び、商材に関する教育まで徹底されています。

活用できる案件には建設や不動産、化学、精密機械、輸送用機械、情報通信、運輸サービス土木などの企業間取引など、豊富なBtoB案件を提供してくれているので、自分に合う案件を選びやすくBtoBアフェリエイトを始めるには最適なASPと言えます。

BtoBにおけるランディングページ制作事例

BtoBのアフェリエイトを行うためにはランディングページを制作することが必要になります。BtoB向けのランディングページを制作するためには必要なのはデザインはもちろん、会社概要などの信頼性やスマートフォンでも対応できるようにモバイル対応できるようにすることが大事です。

ランディングページでデザインが見にくく暗い印象やごちゃごちゃした印象を与えてしまうと、訪れたユーザーは閲覧する気がなくなり直ぐに退出してしまうことになります。BtoB向けのアフェリエイトをしている人はデザインを華やかにして明るい印象を与えていること、またこの商品がどのような結果をもたらすのか結論を先に述べていることが多いです。

ユーザーが欲しがっている情報をランディングページで載せておくことで、興味を持つことができ滞在期間を長くさせることができます。

また、モバイル対応しておくことで、スマートフォンでもランディングページで伝えたい内容をユーザーに正確に伝えることができます。スマホのモバイル版とPC版では画面のサイズからランディングページの表示の方法が変わります。

スマホなどのモバイル端末からアフェリエイトを見て購入を検討する方も多くおられるので、モバイル対応できるツールを導入してランディングページの訴求性に差が出ないようにしておきましょう。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

まとめ

BtoB向けのアフェリエイトはBtoC向けのアフェリエイト作成よりも難易度が高いですが、成果報酬はtoC向けよりも高いので専門知識に自信がある人はBtoB向けで挑戦してみることができます。

toCに比べてtoBでは考えることも多いので1つ1つのポイントを考慮して、丁寧に制作していくことが大事です。検討してみましょう。

カテゴリー
knowledge sns

【BtoB向け】インフルエンサーマーケティングのコツとポイント

今ではいろいろなマーケティング方法を利用して集客を行うことが大事です。ユーザーはいろいろな媒体により情報を得ようとしているので、自分のサイトにたくさんのユーザーを訪問してもらえるように計画することが成果につながるからです。

今ではインフルエンサーマーケティングを行い、サイトへの訪問を呼びかけることもできますが、BtoB向けにもインフルエンサーマーケティングを行い、成果を高めることができます。

どのようにBtoBで活用することができるのか内容を紹介していきましょう。

BtoBのインフルエンサーマーケティングについて

インフルエンサーマーケティングは主にtoCの一般消費者向け施策として行われていることが多いです。インスタやTwitter、Facebook、TikTokなどでインフルエンサーが何か情報を発信しただけで、多くの人が閲覧しているので購入意欲やブランドンの認知力があります。

消費者に向けたtoC向けのインフルエンサーマーケティングは既に多くのフォローワーから信頼を受けているので、成功しやすいと言えますが、一方でtoB向けのインフルエンサーマーケティングは難しい部分もあります。

インスタやTwitterなどのSNSは情報源として活用されている場も多くなっていますが、BtoBの場合は高い専門的な知識や信頼度など、高いレベルを維持していなければ情報減として信頼をしてもらうことができません。

インフルエンサーの方は強い影響力を持っている人であり、例えば芸能人や実業家などがSNSで発信すると多くのフォロワーに支持され、世の中のサービスや商品に影響を与えます。

ただ、toCの場合は知名度や実績があれば、それでマーケティングにつながりますが、toBの場合は、その企業が求めている専門知識やスキルなどの実績がなければ、どんなに情報を発信してもtoCのように購買意欲を持たせることはできません。

企業の場合は1つの機能を導入するだけでも莫大なお金が動くので、toCのように消費者1人の信頼だけではなく、会社の複数の人に信頼を得る必要もあります。

そのため、SNSだけを用いで情報を発信する一般的なインフルエンサーに依頼してマーケティングを行うのは難しいと言えるでしょう。

BtoCよりもBtoBによるインフルエンサーマーケティングは難易度が高区なっていますが、できないことはなく、むしろもっと活用することが大事です。BtoBのインフルエンサーマーケティングも露出するマーケット、依頼するインフルエンサーを工夫するなどしてアイデアを出せばマーケティング効果は大きくなります。

BtoBでも効果的にインフルエンサーマーケティングを行うことはできるので利用を検討してみましょう。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

BtoBにおけるインフルエンサーマーケティングの成功事例

BtoBによるインフルエンサーマーケティングを行うことで、企業の方に自社のコミュニティを広く認知してもらえること、自社製品のヘビーユーザーによる説得力となること、開発や企画の改善のフィードバックをもらうことができるなど、いろいろなメリットを得ることができます。 実際に多くの企業もBtoB向けのインフルエンサーマーケティングを活用して成功している事例があります。どのような成功事例があるのか気になる人もいると思うので、紹介していきましょう。

IBMのインフルエンサーマーケティングの成功事例

IBMは世界的にコンピュータ関連製品、およびサービスを提供している会社でありAIのプラットフォームであるWatsonなどを開発しています。IBMは自社製品をもっと活用してもらいたいと思い、インフルエンサーを用いてBtoBマーケティングを行いました。

依頼したインフルエンサーは専門性と自社製品との親和性が高い人を選出し、実際に商品を使用した体験やサクセスストーリーをSNSに投稿してもらい、IBMの製品を訴求する効果を狙いました。

さらに、有名なファッションデザイナーとコラボしてAIを用いたファッションを創作してインフルエンサーとして発信することで企業はもちろん、多くの消費者にもIBMの製品をしてもらうきっかけを作りました。

結果的にIBMの製品は大きな話題を業界に呼ぶことになりIBMの認知度を大きく企業に拡散することができました。

Landis+Gyrのインフルエンサーマーケティングの成功事例

Landis+Gyrはエネルギーソリューションを提供している会社です。Landis +Gyrはインフルエンサーマーケティングを行うときに自社の従業員をインフルエンサーとして起用して情報を拡散しました。

自社製品を知る熱狂的なファン従業員の中から見つけ出して、インフルエンサーとしてSNSのアカウントを運営させるように教育も行いました。自社の中からインフルエンサーを作り出すことで製品の専門知識を得ることは成功していましたが、SNSを通して効果が実際に出るかの訴求力がポイントとなっていました。

そのため、従業員について自社に発信してもらう「パイロットプログラム」を作成して自社ブランドの精神や価値、顧客への思いなどを発信してもらうことにしました。従業員の発信を元にしてインフルエンサーマーケティングを行ったことで、1500以上のエンゲージメントと1800のシェアコンテンツシェア、10800ドルほどの結果を生み出すことに成功しました。賞も受賞することができ、この戦略は大きな成果を出すことができました。

SAPのインフルエンサーマーケティングの成功事例

SAPはヨーロッパ最大級のソフトウェアの会社です。自社の製品をより多くの人に知ってもらうことやフィードバックの機会を得たいと思いインフルエンサーマーケティングを行うことになりました。

SAPが利用したインフルエンサーマーケティングは講演会を実施するときにインフルエンサーにゲストとして登場してもらうことです。業界で実績のあるインフルエンサーであれば体験談や経験を話してもらうことで講演会の参加者に強い説得力を与えることができると考えました。

その講演会のときにはビデオライブも利用することで専門家インフルエンサーと世界のユーザーを対話させるといった工夫も行いました。

この工夫もあったことで、ライブに参加していた人はインフルエンサーと対話することができ、SAPの製品の魅力や実用的な方法について詳しく知ることが可能となりました。

さらに、SAP幹部との対話を通してフィードバックの機会も作り、企業だけでなくSAPの製品に興味のある一般の方とも情報を大きく共有することができました。

AWSのインフルエンサーマーケティングの成功事例

AWSはAmazonが提供するクラウドサービスであり、漫画を取り入れたサービスの紹介をしています。BtoBのビジネスには企業向けなので広く認知させるために漫画のイラストを利用して分かりやすく製品を紹介する方法を採用しています。

難解なテーマも漫画であれば理解しやすくなっていますが、漫画により訴求力や親しみを込めるため、SNSとの相性の良い人気の漫画インフルエンサーに依頼して漫画の作成をしてもらいました。

自社製品やサービスを認知度を上げるためにSNSでも話題のある人に漫画を描いてもらうことで、サービスや製品の認知度を拡散することができマーケティングとして一定の成果を果たすことができました。

BtoB向けのインフルエンサーマーケティングとは少しやり方が違いますが、工夫することでより効果を発揮させることができます。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

まとめ

BtoB向けのインフルエンサーマーケティングについて紹介してきました。BtoB向けのインフルエンサーマーケティングはBtoCと比べると難しい部分もありますが、工夫することで成果を期待することができます。

BtoB向けにインフルエンサーマーケティングをして成果を出している企業もあるので、自社に合わせた方法を用いるなら認知度を上げて購買意欲を企業の方に持ってもらうことができます。ぜひ検討してみましょう。

カテゴリー
knowledge sns

【BtoC向け】インフルエンサーマーケティングのコツとポイント

企業にとって消費者向けにマーケティングを行うことはとても大事です。マーケティングを行うことで自社の商品やサービスを多くの人に知ってもらうことができ、消費者画求めているものに合わせた商品開発を行うこともできます。

はインフルエンサーを用いたインフルエンサーマーケティングを行うこともできますが、「どのようなコツがあるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。インフルエンサーマーケティングについて内容を紹介していきましょう。

BtoCのインフルエンサーマーケティングについて

「インフルエンサーマーケティングとは?」と内容についてあまり知らない人もいるかもしれません。インフルエンサーマーケティングはInstagram、YouTube、Twitter、FacebookといったSNSで発信力のある人の力を借りて自社の宣伝や商品紹介などをユーザーに向けて行います。

インフルエンサーの方は、多くのユーザーや一定の支持者の方からの信頼を集めており、何かを発信するだけで多くの人の注目を集めることができます。

実際にインフルエンサーの方は発信力のクオリティも高く、企業も見習うところがたくさんあります。

映像や動画を使用するときは、ユーザーを引き込めるように工夫しており、表現方法はとても巧みです。動画ではYouTubeを利用して視覚に訴える方法を用いており、インフルエンサーの方は工夫が最適で自分の伝えたいことを分かりやすく伝えることができています。

そのため、フォロワーや視聴者も意味をよく理解できて納得することができ、toCのコンシューマー向け商品での活用に適していると言えます。

企業でも動画を用いてBtoCでの宣伝を行えますが、インフルエンサーの方はすでに影響力を持っているので、自分の発信した情報に多くの人が注目する能力があります。そのため、インフルエンサーマーケティングを行うことで、効果的なマーケティングの成果を期待することができる可能性があります。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

BtoCの効果的なインフルエンサーを見定めるには

BtoCでインフルエンサーマーケティングを行うなら、影響力の高いインフルエンサーを見定めることが必要になります。効果的なインフルエンサーを見定めなければマーケティング効果を得られません。

適切なインフルエンサーを見定めるために、まずは適切なフォロワー規模を理解する必要があります。インフルエンサーの中でもトップと言える人はフォロワー数が100万人以上持っている人です。

かなり強い影響力を持っており、芸能人やスポーツ選手など認知度がもともと高い人がトップインフルエンサーになっていることもあります。

続いてミドルインフルエンサーです、これはフォローワー数が10万人以上であり、特徴としてはフォロワーとの心理的な距離が遠く憧れの人であることが多いです。

続いてマイクロインフルエンサーとなっており、フェロワー数が1万人以上の方です。マイクロインフルエンサーは一般人が多いことからフォロワーの親近感を獲得しており、インフルエンサーの得意としているジャンルに興味を持っている人がフォロワーになっている人が多いです。

最後はナノインフルエンサーです。フォロワーは1000人ほどと少ないですが、各ジャンルに特化しているので、一定のファンに指示されています。

このようにインフルエンサーによってレベルに違いがあるので、この点を見定める必要があります。

さらに、サービスにマッチした属性なのかも確認することが必要です。インフルエンサーの媒体によって支持者の属性は違っており、例えば、インスタグラムは40代以下の女性が多く、コスメやファッション系のジャンルに特化しています。

ただ、Twitterであれば30代以下がターゲットとなり、投稿のおもしろさによって指示を受けており、YouTubeだと10〜50代の幅広い層が自分の好きなジャンルで支持を受けています。 自分がどの媒体でマーケティングを行うかにより媒体に特化したインフルエンサーを見定める必要があるでしょう。

インフルエンサーとの接点の持ち

インフルエンサーマーケティングを行うときは、インフルエンサーと接点を持つことが大事になります。インフルエンサーとの接点の持ち方は

  • プロダクション、代理店へ依頼
  • DMなどで直アプローチ

 などがあります。

インフルエンサーとの接点を持てるように、プロダクションや代理店に依頼をするならプロが最適なインフルエンサーとの選定やマネジメント、施作の実施、効果分析を行ってくれます。

インフルエンサーマーケティングのノウハウがない人や過去に実施したが効果を得られなかった人などは、プロダクションか代理店を利用すると自社に合ったインフルエンサーを選びやすく、接点を持つことができるでしょう。

またDMなどで自分が「この人だ」と思った人に直接アプローチするのも良い方法です。自分で直接インフルエンサーにアプローチするなら、仲介役がいないのでマージンなどを取られず、低コストでスピーディーに交渉ができます。

ただ、自分でインフルエンサーの選定を行うこと、また報酬交渉やマネジメント、投稿内容のチェックなど、自分でやることが多くなるので負担は大きくなります。

インフルエンサーマーケティングを行うときは、自分がどの方法であれば最適なのかよく考慮してから行う必要があるでしょう。

BtoCにおけるインフルエンサーマーケティングの成功事例

BtoCにおいてインフルエンサーマーケティングを行うなら、成果を出して成功を収めたいでしょう。成果を収めるためにはインフルエンサーマーケティングの成功事例を見てみることでポイントをつかむことが可能です。成功事例は以下のようなものがあります。

ポールスミスのファッションリーダーでインフルエンサーを起用

ポールスミスは自社のファッションを紹介するときにインフルエンサーとしてファッションモデルの横田ひかるさんを採用しました。インスタグラムでフォロワー数が約28万人と超えており、女性からの支持を多く集めていたので、PR効果を期待してインフルエンサーマーケティングを行いました。 この採用によりターゲットとしていた女性にポールスミスの魅力をPRすることができ、9268件もの「いいね」を集めることができました。自社商材に合わせたインフルエンサー起用でPRの成果を収めることができました。

ETUDE HOUSEのコスメのPRでインフルエンサー起用

ETUDE HOUSEは韓国コスメのPRを行うために、古着屋のスタッフをインフルエンサーとして起用しました。個性的な印象を与えるインフルエンサーでしたが、その個性を残しつつ、コスメの化粧品とコラボしてもらったため、コメント欄で「可愛い」という評価を得ることができ、化粧品のPRとユーザーの興味を抱かせることができました。 このようにインフルエンサーを用いて成果を収めている事例はいろいろあります。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

まとめ

BtoC向けのインフルエンサーマーケティングについて紹介してきました。BtoC向けのインフルエンサーマーケティングを行うなら、そのフォロワー数の方に大々的にサービスや商品をアピールでき、マーケティング効果を得ることができます。

BtoC向けのインフルエンサーマーケティングを成功させるためには、自社の商品やサービスに合った層にアピールできるインフルエンサーを選ぶことが必要です。インフルエンサーを決めることができれば、後は接点を持って依頼することで成果を期待することができます。

BtoC向けの宣伝効果やPR効果を高めるためにインフルエンサーの起用を考えてみましょう。

カテゴリー
affiliate knowledge

【BtoC向け】アフィリエイト運用のコツやポイントを徹底解説!

アフェリエイトを始める人は運用のコツについて知っておきたいでしょう。アフェリエイトは記事作成を行い、広告を貼り、ユーザーが広告にクリックや条件を満たしたときに成果報酬を受け取ることができます。

仕組みとしては簡単であり、誰でも気軽に始めてみることができますが、コツを知らなければしっかり成果報酬を出しながら運用していくことはできません。特にBtoC向けにアフェリエイトをしていくなら、運用のコツはとても重要です。BtoC向けにアフェリエイトをどのように行えるのか紹介していきます。

BtoCのアフィリエイト運用について

アフェリエイトの収入源は広告収入であり、この広告は対象を誰にするかにより違ってきます。アフェリエイトではBtoBの企業向けとBtoCの消費者向けがありますが、アフィリエイト案件の多くはtoC案件のものです。

BtoBの案件の場合は専門性の知識やスキルがアフェリエイターにも求められ、ユーザー対象も専門性の企業のみなので、範囲としては少数派になるからです。

一方BtoC向けのアフェリエイトは一般の消費者全体を対象としており、宣伝する商品やサービスの対象も幅が広いため、toC案件の方がtoB案件よりも断然案件数の幅も広くなります。

専門知識がない人でもアフェリエイトを始めるならBtoCのアフェリエイトが選びやすいです。

そのため、BtoC向けのアフェリエイトは成果報酬獲得(CV獲得)の難易度、アフィリエイトLPへの集客のしやすさがBtoBよりも簡単です。消費者向けの商品やサービスなので自分が日常生活で使用しているものが多く、学習しなくてもある程度の知識を持ってアフェリエイト作成ができます。

対象範囲が広い分、興味を持つ人の割合も多く成果報酬の獲得の可能性も高いです。

しかし、デメリットとしては、BtoCアフェリエイトは成果地点の設定によって報酬を低く設定する必要がある場合があるため、高額な成果報酬を取得したいアフィリエイタには受けが良くないこともあります。

高額案件はBtoB向けの方が高いので、その点を考慮してBtoCまたはBtoBを決定する必要があります。

BtoC事業におけるKPI設計について

BtoCアフェリエイトにおいて、KGIを売上とした際にKPIとなるのはアプリインストール商品の資料請求、商品の購入などがあります。アフィリエイトで設定する成果地点(≒成果報酬条件は)はサービスを利用する前としていることが多く、閲覧したユーザーに商品やサービスの具体性を宣伝することや実際の商品の体験をしてもらうことを目的としています。

ただ、KPIはアフィリエイトにおける成果報酬条件と一致する場合、しない場合があり、アフィリエイトの特性上、確実に商品を購入してもらうことは難しい場合もあるため、成果地点は一つ手前のユーザーへの行動とする場合があります、 よりKGIに近い体験コースへの入会などを成果地点とすることで、アフェリエイターにもBtoCとして利用してもらいやすくなるでしょう。

独自アフィリエイトプログラムという選択

独自アフィリエイトプログラムとは、無料アフェリエイトと違い独自のアフェリエイトプログラムを作成してユーザーへの参加を呼び込むことです。

アフェリエイトを提供している業者は多くいますが、独自でアフェリエイトプログラムを作成して宣伝することで、他のアフェリエイトプログラムと差別化を図ることができます。

BtoBの場合はサイトへの流入数は少ないので、独自アフェリエイトプログラムを選択してもユーザーが参加してくれる見込みは少ないです。

しかし、toCの場合、対象範囲が広くサイトへの流入数が多いため、独自アフェリエイトプログラムを利用することでサービスのヘビーユーザーが参加して、アフェリエイトとして利用してもらいやすくする期待を持つことができます。

もちろん、独自アフェリエイトプログラムを作成することは簡単なことではないので、一定のスキルを持っている人のみが検討することができますが、ユーザーのマーケティングやノウハウを持っている人であれば独自アフェリエイトプログラムの選択も考えてみることができます。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

BtoCにおけるアフィリエイト活用事例

BtoCにおけるアフェリエイトの活用事例についても知っておきたいでしょう。BtoCのアフェリエイトではA8netがあります。A8netは国内でも最大級のASPですが、強みは何と言ってもメディアの多さです。

ジャンルとしても数多くのアフェリエイト広告を用意しており、案件としてはネットビジネス、不動産、旅行、食べ物、スポーツ、金融、恋愛、美容など数多くの案件を用意してくれているので、案件BtoC向けのアフェリエイトとして多く活用されています。

また、Btoc向けのアフェリエイトではafbもあります。Afbはアフェリエイトの初心者から上級者までアフェリエイトで稼ぐことができるように仕組みを作っており、広告で成果報酬が発生すれば直ぐに報酬をもらうことができるように前倒しでのお支払いなどにも対応しています。

Afbで紹介されている案件は保険や医療、健康食品、金融、仕事、グルメ、ネットワーク、旅行、住まい、IT、学習エンターテインメントなどがあります。A8netに比べると案件数は少なくなっていますが、アフェリエイターの満足度は高いため利用者も多いです。

BtoCにおけるアフェリエイトには以上の他にもいろいろなASPがありますが、特に上記の2つが人気と知名度があります。

BtoCにおけるランディングページ制作事例

BtoCのアフェリエイトを運用するランディングページの特徴について紹介しましょう。

BtoCのランディングページではユーザーテイストでデザインの方向性を決めます。BtoCの場合は消費者目線になるためデザインはインパクトのある画像やキャッチコピーを利用する必要があります。例えば美容商品のランディングページだと効果で期待できることについて迫力のある一言でユーザーに衝撃を与えるようにしています。

BtoCではどのようにインパクトを与えるのか、その点を考える必要があります。また、ユーザーはスマホを使用している人が多いので、スマホの利用者のことも考えて拾い読みでも成立する動きのあるデザインを考える必要があります。

また、BtoCのランディングページでは1人で商品やサービスの購入を検討するので、見やすく分かりやすいコンテンツのつながりをスムーズにしたデザインにもすべきです。文章よりも画像や写真を使用した方がユーザーとしては商品の説明が分かりやすいです。

長文での説明を行うよりも、画像による矢印での視線誘導やグラデーションによる背景の切り替え、グラフを用いた方法など視覚に訴えたランディングページを心がけるようにしましょう。

また、文章で説明するときは難しい専門的な用語をあまり使用しないことも大事です。BtoCでは専門的知識を持っていない人がユーザーとして訪問してくるため、専門用語をたくさん使用して説明しても意味が分からず、訴求力を与えることができません。

説明するときに専門用語が必要であれば、専門用語についての説明を載せておくことも大事ですが、用語の説明が多くても複雑化するので、ポイントを抑えて1〜2語ほどにしておくのがいいでしょう。

このようなポイントを押さえてBtoCのランディングページを制作しましょう。

マーケティングの課題解決ができる!

優秀なマーケターに相談

まとめ

BtoCアフェリエイトの内容について紹介してきました。BtoCアフェリエイトでは分かりやすく、インパクトのあるランディングページを心がけ、専門的な知識はBtoB向けに比べるとあまり必要ではありません。

BtoCアフェリエイトは成果報酬の獲得は行いやすいですが、高単価は狙いにくいという点があるので、自分のアフェリエイトに合わせて独自アフェリエイトプログラムを利用することも検討できるでしょう。